NieR Blog

ALL ENTRIES

NieR:Automata

EVENT NEWS

2017年02月18日

「NieR:Automata Window Gallery」開催中

NIER_BLOG_PIC_A_20170218_01_SMALL_640x480.jpg

 

「NieR:Automata Window Gallery」がスタートいたしました。場所は、JR新宿駅東口と丸ノ内線の連絡通路内、ルミネエスト地下2階の入り口
付近(メトロプロムナード)。レアなCGアートやエミールヘッド原型を展示しております。2月15(水)~2月28日(火)まで。
※画像2※
※画像3※
※画像4※
お土産(ポストカード)もご用意しております。
※数に限りがありますのでご了承ください※

「NieR:Automata Window Gallery」がスタートいたしました。場所は、JR新宿駅東口と丸ノ内線の連絡通路内、ルミネエスト地下2階の入り口付近(メトロプロムナード)。レアなCGアートやエミールヘッド原型を展示しております。2月15(水)~2月28日(火)まで

NIER_BLOG_PIC_A_20170218_02_SMALL_640x480.jpg

NIER_BLOG_PIC_A_20170218_03_SMALL_640x480.jpg

NIER_BLOG_PIC_A_20170218_04_SMALL_640x480.jpg

お土産(ポストカード)もご用意しております。

※数に限りがありますのでご了承ください※

 

PR担当01号 PR担当01号
NieR:Automata

GAME MEDIA

2017年02月16日

『NieR:Automata』「MOVIE 119450310」公開

『NieR:Automata』「闘会議2017」音楽ステージにて公開されたトレーラー「MOVIE 119450310」を公開いたしました。

PR担当01号 PR担当01号
NieR:Automata

GAME NEWS

2017年02月10日

『NieR:Automata』PlayStation®4 Pro対応について

2017年2月23日(木)発売予定の『NieR:Automata』につきまして、PlayStation®4 Proでプレイすることで、下記の内容を含む一部の映像表現が強化されます。


解像度

PS4 Pro: 1920x1080p 60fps

PS4: 1600x900p 60fps

解像度
PS4 Pro: 1920x1080p 60fps
PS4: 1600x900p 60fps

 

モーションブラー表現の追加

NIER_BLOG_SCR_A_20170210_01_SMALL_640x360.jpg


ライティング表現の向上

NIER_BLOG_SCR_A_20170210_02_SMALL_640x360.jpg


シャドウ表現の向上

NIER_BLOG_SCR_A_20170210_03_SMALL_640x360.jpg

PR担当01号 PR担当01号
NieR:Automata

MEDIA NEWS OTHERS

2017年02月06日

「NieR:Automata meets amazarashi」楽曲「命にふさわしい」ミュージックビデオ公開

 

「NieR:Automata meets amazarashi」「命にふさわしい」特設サイト

 

本楽曲「命にふさわしい」は、2月23日(木)発売のPlayStaiton®4用アクションRPG「NieR:Automata」と「amazarashi」との共同創作プロジェ
クト「NieR:Automata meets amazarashi」の一環として秋田ひろむ氏が書き下ろした楽曲です。
もともと、ゲームフリークでもある秋田ひろむ氏が、ファンであったゲームタイトル「NieR RepliCant」のディレクターヨコオタロウ氏を自ら
のライブに招待したことから、このプロジェクトがスタート。新作「NieR:Automata」の世界観を表現した本楽曲が生まれました。
今回公開したMVは、「NieR:Automata」のディレクターであるヨコオ氏の原案を元に制作された映像作品。秋田ひろむ氏は、「NieR」と自分た
ちに共通するテーマとして、「命を投げ出すに値するほど、大切なものは何か」というテーマを掲げ、楽曲を制作。そのテーマはこのMVでも一
貫して描かれています。
<ミュージックビデオストーリー>
MVは「NieR:Automata」の世界が舞台。原案は、ヨコオタロウ。
西暦11944年の遠い未来。機械生命体に支配され人類がいなくなった地球。巨大な廃墟のような工場で、一体の機械生命体が、旧時代の人類が
残した人形を、無限に破壊し続けている。その目的はなんなのか。
2月22日(水)発売予定、本楽曲の初回限定盤に付属する、ヨコオタロウ書き下ろしの絵本「命にふさわしい」とリンクした衝撃の物語。

本楽曲「命にふさわしい」は、2月23日(木)発売のPlayStaiton®4用アクションRPG「NieR:Automata」と「amazarashi」との共同創作プロジェクト「NieR:Automata meets amazarashi」の一環として秋田ひろむ氏が書き下ろした楽曲です。

もともと、ゲームフリークでもある秋田ひろむ氏が、ファンであったゲームタイトル「NieR RepliCant」のディレクターヨコオタロウ氏を自らのライブに招待したことから、このプロジェクトがスタート。新作「NieR:Automata」の世界観を表現した本楽曲が生まれました。

今回公開したMVは、「NieR:Automata」のディレクターであるヨコオ氏の原案を元に制作された映像作品。秋田ひろむ氏は、「NieR」と自分たちに共通するテーマとして、「命を投げ出すに値するほど、大切なものは何か」というテーマを掲げ、楽曲を制作。そのテーマはこのMVでも一貫して描かれています。


<ミュージックビデオストーリー>

MVは「NieR:Automata」の世界が舞台。原案は、ヨコオタロウ。

西暦11944年の遠い未来。機械生命体に支配され人類がいなくなった地球。巨大な廃墟のような工場で、一体の機械生命体が、旧時代の人類が残した人形を、無限に破壊し続けている。その目的はなんなのか。

2月22日(水)発売予定、本楽曲の初回限定盤に付属する、ヨコオタロウ書き下ろしの絵本「命にふさわしい」とリンクした衝撃の物語。

PR担当01号 PR担当01号