Archive

2011年7月

2011年7月27日(水)

Messages from Voice Artists vol.05

■クイーン:小清水亜美さん
-------------------------------------------------

koshimizu.jpg

子供の頃に遊んでいたシリーズに関われて幸せです。
アフレコの際も丁寧に演出して頂けて、今後の自分にとってプラスになる経験でした。

クイーンはとにかく真面目で論理的な女性ですが、
面倒見が良い一面もあり、それが原因でたまにトラブルに巻き込まれてしまう人というイメージです。
あと、戦闘時にちょっと変わったことが起こるかもしれません(笑)

ゲームの発売を待って下さっている皆様、きっと期待を裏切らない素晴らしい作品になっていると思います。
楽しみにしていて下さいね!

 

2011年7月20日(水)

Messages from Voice Artists vol.04

 

■マキナ:神谷浩史さん
-------------------------------------------------

kamiya.jpg


伝統あるFFシリーズの一員になれたことを嬉しく思います!

難しいキャラクターでしたが、非常に丁寧に音声を収録していただき大変助かりました。
収録が終わってしまうのが寂しいくらいでした。

PSPでFFの新作が遊べることを僕自身も一ファンとして楽しみにしています!
ぜひ掌で展開する壮大なストーリーをお楽しみください!

 

みなさん、こんにちは。
FF零式ディレクターの田畑です。

いよいよ7/16(土)、お台場合衆国開催です。
スクエニブースで「FF零式体験コーナー」が開始されます。

今回、短い時間でもFF零式を楽しめるように、拠点の部屋からすぐに
作戦(ミッション)参加できる、“ナツビ”という名の特別版を用意しました。
“ナツビ”とは夏日ですね。

さて、体験会に来場される方のために“ナツビ”の試遊ポイントを書きます。

<概要>
◆試遊時間は混雑具合で変わると思います。現在は15分予定です。
◆余裕を持って体験プレイできるように、低めの難易度に調整しています。
◆複数のミッションを収録してますが、当面はニューゲームが体験プレイ範囲です。
◆ニューゲームからは「戦闘訓練」と「作戦その壱」が選択できます。

<環境>
◆使用キャラクター数、召喚獣数を絞っています。
◆セーブメニュー、システム項目は基本的に選択不可となっています。
◆疑似マルチプレイ“魔導院の支援”は選択可能です。内蔵キャラが支援します。

<操作>【操作パネルはこちら
ボタン押しっぱなしコマンド連続発動の楽ちん操作が特徴です。
魔法は長押し詠唱→発動。魔力が高いとラ系、ガ系に強化されます。
「R」長押しでロックオンするとキルサイト/ブレイクサイト表示されます
 ※敵の行動の隙に出るキル(ブレイク)サイトに攻撃を当てて即死を狙うのがコツです。
◆「L+左右」で、バトル中のAIキャラと操作キャラをチェンジできます。
◆「○+△」長押しで、召喚獣を呼び出せます。ただし操作キャラが死亡します。
◆倒した敵をロックオンし、チャージ後〇などでMPエネルギー(ファントマ)を吸収します。

……何か書き忘れてるかも知れませんが、
公式サイト情報もありますし、会場フォローもありますので心配いりません。


FF零式は「心に突き刺さるゲームを作る」という強い意志のもと、
多くの強力なメンバーが集って開発している、真に渾身の一作です。

携帯電話からPSPにハードを変更した2008年2月から約3年半。
途中1年近く「The 3rd Birthday」開発がメインだった時期もありますが
やはり3年半は「長かったなあ」と感じられる開発期間ですね。
でもその分、内容を練り上げ、充実させました。皆でブレずに作りました。

あとは最終調整とデバッグを残すのみ。あるべき形での完成が見えました。

その意味でこの時期に体験会という場をもらえた事は、とても有難いです。
お台場合衆国にお越しになった際には、スクエニブースにまで足を伸ばして
ぜひとも「心に突き刺さる即死バトル」を体験してみてください。

僕は皆さんのプレイを邪魔せず見学して、色々と最終調整の参考にします。

ちなみに“ナツビ”収録キャラクターは
>クイーン、レム、エース、ナイン、マキナ、キング、サイス
の7人。初プレイでも使いやすいと思った順に並べてみました。

サイスはやや扱いにくいですが、ファントマ吸収ポーズにグッと来るかも知れませんよ。
その他“ナツビ”にはオープニングの一部なども入れてますので、そちらもお楽しみに

それではまた。

2011年7月13日(水)

Messages from Voice Artists vol.03

■キング:杉田智和さん
-------------------------------------------------

sugita.jpg

モーグリ、トンベリといった馴染みのあるキャラクター名。
無条件に胸が躍りました。
しかし愛情を一旦何かにしまって、キングという役を誠実に演じようと決意しました。

キングは学生の頃こんな風に立ち振る舞いたかった、と思わせる不言実行の漢。
第一印象は怖いかもしれませんが、彼の心意気は同性の自分でも憧れます。

二丁拳銃の粋な漢。キングを是非使って下さいね。
そこ!キンさん言わない!!

2011年7月 8日(金)

Messages from Voice Artists vol.02

■レム:白石涼子さん
-------------------------------------------------

shiraishi.jpg

ゲームに詳しくない私でも知っているビッグタイトルへの出演だったので、
素直に嬉しかったです!!
時々アクションシーンなどは、映像を見ながらの収録で、
ゲームなのですがストーリー重視といった感じで、
ひとつの台詞に時間をかけていただきました。
ほぼひとりでの収録でしたが、たまに複数で一緒にしたり、
既に収録済みの方(キャラ)がいるシーンでは声が流れてきたり。
今までに経験したことのないお仕事でした。

レム・トキミヤという大役を任せていただき嬉しかったですが、
プレッシャーもすごかったです。
とてもいい子・優等生のレムは、いい意味で普通に演じさせていただきました。
特に可愛いとか気が強いとかいうこともなく。
ただ、収録中にキャラクター設定が一部変更になって(笑)。
そういう意味では大変でしたね。2人演じた気分でした。
詳しく話す機会があればそこで。

魅力的なキャラクターがたくさんいて、映像もとってもキレイ。
頑張って演じましたので、ぜひプレイしてみてください。
せつなくって胸にくるエピソードもあるかも・・・?

2011年7月 4日(月)

Messages from Voice Artists vol.01

■エース:梶裕貴さん
-------------------------------------------------

kaji.jpgエース役の梶裕貴です。
XIIIに引き続き、FF作品に参加できると聞いた時はとても嬉しかったです。

エースは、一見クールに見えますが心の優しい穏やかな青年です。
物語の中で、若さ故の困難に直面しながらも、葛藤し闘う姿にはすごく共感できました。
彼はカード使いということで、どんなアクションでのバトルシーンになるのか…その辺りも楽しみです。
その上、今作はマルチプレイゲームも!
僕自身、発売がとても待ち遠しいです。
皆様も、どのキャラクターを使うか考えながら、もう暫くお待ちください!

 


JavaScriptを有効にすると、キャラクターのイメージが挿入されます。