2017/03/08

ディレクターレター Vol.9

 

ディシディアFFを遊んでくださっている皆さん、こんにちは。
ディレクターの鯨岡です。
先日の公式生放送にて、3月9日(木)のアップデート情報が公開されました。
特に「皇帝」の追加に関しては、前作さながらの尖った性能にご注目頂いた方も多いのではないでしょうか。
C.LV11以降に獲得できるシンボルチャットも併せて、ご期待いただければと思います!
そして、なかなかの量となったバトル&キャラクター調整については様々なご意見があるかと思います。
今回は下方がかなり多くなりました。
これまでも下方自体はありましたが、割合としてここまで多いアップデートは初めてですね。
個人的にも上方が多いほうがワクワクしますし、遊ぶモチベーションも高まります。
ディシディアFFの調整においても、基本はそうでありたいというのは、これまで何度かお話してきた通りです。
ただその一方で、最近の環境がインフレ気味だという感覚も持っていました。
ゲームスピードの体感が上がったように感じることもしばしば。
(来年度には四捨五入で40歳なので、歳のせいもあるかもしれませんが……!?)
なので、ご意見が多く寄せられるのは覚悟した上で、
今回は一度、その頭打ちを行うという判断をしました。
また、単純な強さ・弱さではなく、新鮮味を欲していたプレイヤーが多いことも理解はしているつもりですが、
そこに手を入れるための下地を作る意味でも、今回のこの方針は必要なものだと考えています。
(具体的にいつ、という話ではありませんが、どうしても後に追加されたキャラクターの方が個性が強まる傾向があるので、
稼働時からいるキャラクターについても徐々に手を入れるべきだというのが個人的な考えです)
遊んでいる皆さんにとっては「そんなこと言ったって…」という内容かもしれませんが、
ご容赦、そしてお付き合いいただけると幸いです。
そして、ここではもう一つ。
3月9日のアップデートが配信される前ではありますが、翌日の3月10日にもアップデートを実施します。
そちらの内容をお知らせします。
■ヤ・シュトラのエアロラ/ストンラ
3月9日のアップデートで「ダッシュキャンセルタイミングを早めた(-10f)」という変更を加えますが、
こちらにループ性(いわゆるハメ)が確認されたため、変更を一旦取り下げます。
最近のインタビューでも、こういうのは無くしたいと話したばかりですが出てしまいました。
こういうのは本当によくない。 精進します…!
■クジャのソウルレゾナンス
効果値の下方(攻撃1.3倍/防御1.4倍/速度1.05倍 → 攻撃1.25倍/防御1.35倍/速度1.05倍)と、
リキャストの下方(30秒 → 35秒)を行います。
先日の公式生放送でも「据え置きなの!?」という意見が見受けられましたが、
これらを見て決めたというわけではないです。
……が、正直、3月9日配信分の調整時に相当悩んでいたのは事実です。
トランスするまでは慎重に動き、召喚のタイミングくらいからガンガンにバフを回す――
バフの効果を理解した、プレイスキルの高い方たちの中ではこれが猛威を振るっていました。
戦闘不能でバフの強さがリセットされたり、発動前に潰されるリスクを加味しての効果値でしたが、
クラス上位帯の方たちの間ではトランス状態のキープが当たり前であり、その状況で考えると猛威を振るうのは理解できます。
あとはどこまで中級者層の方たちのプレイスキルを加味するか、というところで悶々としていたわけです。
そんな中、すでに開発現場では次回以降のアップデートに向けて実装や調整が進んでいます。
その中にソウルレゾナンスの下方も含まれていたのですが、検証がある程度済んだこともあり、
3月10日のアップデートに急ぎ含めることにしました。
「まだ高い!」ということもあり得ますが、まずはこのラインで環境に反映させたいと思います。
上記2点、混乱を与えてしまい申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
以上、ディレクターレターでした…!
引き続き、ディシディアFFをよろしくお願いいたします!

ディシディアFFを遊んでくださっている皆さん、こんにちは。

ディレクターの鯨岡です。

 

先日の公式生放送にて、

3月9日(木)のアップデート情報が公開されました。

特に「皇帝」の追加に関しては、前作さながらの尖った性能にご注目頂いた方も多いのではないでしょうか。

C.LV11以降に獲得できるシンボルチャットも併せて、ご期待いただければと思います!

 

そして、なかなかの量となったバトル&キャラクター調整については様々なご意見があるかと思います。

今回は下方がかなり多くなりました。

これまでも下方自体はありましたが、割合としてここまで多いアップデートは初めてですね。

 

個人的にも上方が多いほうがワクワクしますし、遊ぶモチベーションも高まります。

ディシディアFFの調整においても、

基本はそうでありたいというのは、これまで何度かお話してきた通りです。

ただその一方で、最近の環境がインフレ気味だという感覚も持っていました。

ゲームスピードの体感が上がったように感じることもしばしば。

(来年度には四捨五入で40歳なので、歳のせいもあるかもしれませんが……!?)

 

なので、ご意見が多く寄せられるのは覚悟した上で、今回は一度、その頭打ちを行うという判断をしました。

 

また、単純な強さ・弱さではなく、新鮮味を欲していたプレイヤーが多いことも理解はしているつもりですが、

そこに手を入れるための下地を作る意味でも、

今回のこの方針は必要なものだと考えています。

(具体的にいつ、という話ではありませんが、どうしても後に追加されたキャラクターの方が個性が強まる傾向があるので、

稼働時からいるキャラクターについても徐々に手を入れるべきだというのが個人的な考えです)

 

遊んでいる皆さんにとっては「そんなこと言ったって…」という内容かもしれませんが、

ご容赦、そしてお付き合いいただけると幸いです。

 

そして、ここではもう一つ。

3月9日のアップデートが配信される前ではありますが、翌日の3月10日にもアップデートを実施します。

そちらの内容をお知らせします。


■ヤ・シュトラのエアロラ/ストンラ

3月9日のアップデートで「ダッシュキャンセルタイミングを早めた(-10f)」という変更を加えますが、

こちらにループ性(いわゆるハメ)が確認されたため、変更を一旦取り下げます。

 

最近のインタビューでも、こういうのは無くしたいと話したばかりですが出てしまいました。

こういうのは本当によくない。 精進します…!


■クジャのソウルレゾナンス

効果値の下方(攻撃1.3倍/防御1.4倍/速度1.05倍 → 攻撃1.25倍/防御1.35倍/速度1.05倍)と、

リキャストの下方(30秒 → 35秒)を行います。

 

先日の公式生放送でも「据え置きなの!?」という意見が見受けられましたが、これらを見て決めたというわけではないです。

 

……が、正直、3月9日配信分の調整時に相当悩んでいたのは事実です。

トランスするまでは慎重に動き、召喚のタイミングくらいからガンガンにバフを回す――

バフの効果を理解した、プレイスキルの高い方たちの中ではこれが猛威を振るっていました。

 

戦闘不能でバフの強さがリセットされたり、発動前に潰されるリスクを加味しての効果値でしたが、

クラス上位帯の方たちの間ではトランス状態のキープが当たり前であり、その状況で考えると猛威を振るうのは理解できます。

あとはどこまで中級者層の方たちのプレイスキルを加味するか、というところで悶々としていたわけです。

 

そんな中、すでに開発現場では次回以降のアップデートに向けて実装や調整が進んでいます。

その中にソウルレゾナンスの下方も含まれていたのですが、検証がある程度済んだこともあり、3月10日のアップデートに急ぎ含めることにしました。

「まだ高い!」ということもあり得ますが、まずはこのラインで環境に反映させたいと思います。

 

上記2点、混乱を与えてしまい申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

 

 

以上、ディレクターレターでした…!

引き続き、ディシディアFFをよろしくお願いいたします!

 

ディレクター鯨岡

前へ

最新の記事

    42件中 件を表示