SQUARE ENIX MUSIC BLOG Composers & Synhesizer Programmers

鈴木 光人 Mitsuto Suzuki

ソロ作品『IN MY OWN BACKYARD』(2007)、『NEUROVISION』(2009) をiTuneより発表。 2009年CEDEC登壇、2011年3月にはサンフランシスコで行われた世界最大のゲーム開発者向けカンファレンスGDCにおいて即興ライブを披露した。猫と酒と電子音楽をこよなく愛す。 座右の銘は「思い立ったら即行動」

鈴木 光人

鈴木週報

Shootie HG

「限界突破」そして「クレイジーチョコボ」で強烈なデスボイス&トラックを
提供してくれたShootie HG。
今日は彼にスポットをあてメールインタビューを決行!

Q&A形式でどうぞ!
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Q1How did you get into playing music?
ショーンと音楽との出合いって?

My journey began when my uncle gifted me a guitar on my 9th birthday. Inspired by listening to hard rock and heavy metal music, I had always wanted to be a successful performing and recording musician. By the time I was 12 I was playing in a Metallica cover band and soon after was writing and performing original music… it was very noisy!

音楽との出合いは9歳の時に伯父さんからギターをプレゼントされた時なんだ。ヘビーメタルやハードロックに影響されていたから、昔からパフォーマーやセッションミュージシャンとして成功したいと思っていた。12歳の時は、既にメタリカのカバーバンドでプレイしていたし、すぐそのあと自分で作曲した曲を演奏してた。すごくノイジーな曲!

Q2Any memories through music in your youth?
幼少時の記憶などあれば。

In my mind, the guitar saved me from my younger years and kept me out of trouble. My father and grandfather were always performing music in their bands and they helped me realize that pursuing the dream of music could be a reality. Growing up, I was fortunate enough to be supported and encouraged to follow that dream. One year my brother gave me his drum machine, I bought an old 4-Track cassette recorder and from there songwriting, producing and recording became a passion and took on a life of its own.

ギターが自分の幼少時代を救ってくれて、トラブルも避ける事が出来ていたことを覚えているよ。父や祖父は音楽をいつも自身のバンドで演奏していたから、彼らが音楽の夢を貫く道が現実に成り得るものなのだと悟らせてくれたんだ。
成長期の頃、音楽の夢を進む事に関してサポートしてもらえていたので、とても恵まれていたよ。
この時期に自分の兄がドラムマシーンをくれて、4トラックカセットテープレコーダーを買い、ソングライティングやレコーディングへ熱中して、そこから今の音楽生活が始まったんだ。

Q3Do you play any games?
ゲームってプレイする?

When I was very young I used to play games with my step-father, brother and friends. We started out with 'Dungeons and Dragons', 'Risk', 'Empire' and all of the popular board games at the time. When the NES came out with 8-bit graphics my gaming life changed… it was amazing! These days I play mostly FPS, RPG and RTS style games on the PC and some games on the next generation consoles. In reality, I need to play less games and more music, but gaming is so FUN! Maybe I'll see you online sometime?

幼少時に継父や兄や友達とよくゲームをしていて、「ダンジョン&ドラゴン」「リスク」「エンパイア」などその時代に人気だったボードゲームをプレイしていた。
NES」(ファミコン)が発売されてからはゲームライフが変わって凄かった!
最近はFPS,RPG,RTSのジャンルのPCゲームや、次世代のゲーム機なんかもやっているよ。
本当はゲームプレイするよりも音楽をやらなきゃいけないのに、ゲームは本当に楽しくて。
もしかしたら鈴木さんとオンラインゲームで会えるかもね?


Q4Tell us about the first time when you met FINAL FANTASY franchise.
FINAL FANTASY」との出会いって?

Almost a decade ago a friend of mine let me borrow FFIX for the PlayStation. I used to play on the NES with games like 'Ultima' and 'Destiny of the Emperor', so I immediately fell in love with 'FINAL FANTASY IX'. From there, I have bought many of older and newer versions of the game franchise and have enjoyed them very much. For me personally the FF games are the best RPG game out there, which is why it is such an honor for me to have contributed on the FFXIII-2 soundtrack.

10年くらい前に友達の一人がプレステの「FINAL FANTASY IX」を貸してくれた事があって、その時に初めて「FINAL FANTASY」をプレイしたんだ。「Ultima」「 Destiny of the Emperor」などファミコンでプレイしていた時だったから、すぐに好きになったよ。そこから新、旧のFINAL FANTASYシリーズを沢山買い込んで、すごく楽しんだ。
個人的にはFINAL FANTASYは今発売されているRPGゲームの中で一番だと思っているから、今回FINAL FANTASY XIII-2の制作に関わる事が出来てすごく光栄だよ。


Q5You worked with us as a vocalist on this project. How did you feel about?
今回、ボーカルをお願いしたけど、どうだった?

I felt confident, yet challenged. In my opinion, the song that was written by Mitsuto was a very traditional style gaming song with a cool and edgy feel. I felt a little apprehensive because I didn't want to alter Mitsuto's style in a way that would ruin the integrity of his composition. After I submitted my first demo for the song, Mitsuto was encouraging and allowed me to be free with no limitations. Truly a remarkable, life-changing and memorable experience! Gratitude…

Shortly after, I was offered the opportunity of performing and arranging, in its entirety, a second song for the soundtrack. One morning after submitting a demo for the second song, I received an email from Mr. Kawamori. That email included an audio file of a keyboard solo that Mitsuto recorded. Mr. Kawamori was asking me to make the melody sound a little more like the keyboard composition on the audio file. When I listened to the track I heard the most crazy, shredding keyboard solo with such amazing timing and pitch wheel effects!  Since I only had a few days to complete the song, I felt it would be impossible to play like this without more preparation. It was a humbling opportunity in which I applied my best and am proud of what came out of it. I've always said to my peers, "If you want to get good at something you have to work with people that challenge you." Working with Mitsuto and Mr. Kawamori was an amazing experience that added to the growth and enrichment of my musical skills and life.

Special thanks to Mitsuto Suzuki, Keiji Kawamori and Atsushi Suganuma for changing the history of my life for the better. Cheers!


自信はあったけど、自分への挑戦でもあったよ。あくまでも個人的な意見だけど、鈴木さんの今回の曲はクールでエッジーな感じをまとった「王道」路線のゲーム音楽という印象を受けたんだ。鈴木さんの曲のスタイルを変えてしまうんじゃないかと少し不安にも思ってた。でも、1回目のデモを渡した後、鈴木さんは自分自身に制限を作らずにもっと自由に作業して良いと勧めてくれたんだ。
本当に驚くべき事で、人生を変える忘れられない経験になったよ!

そのあとすぐに2曲目の仕事の機会を与えてもらったんだ。2曲目のデモ提出後のある朝、鈴木さんのキーボードソロのガイドが入ったオーディオデータがメールで河盛さんから届いた。そのメールには"このキーボードパートのようなメロディーを演奏してもらいたい"って書いてあったんだけど、すごくクレイジーなタイミングと、もの凄く良いエフェクトが入ったキーボードパートだった。締切まで数日しかなかったから、自分には出来ないかもしれないと感じたんだけど、そんな中、自分のベストを尽くせたこと、その結果に満足できたことを誇りに思っているよ。自分の仲間にも「もし何かを極めたいのなら、もっとチャレンジをさせてくれる人と仕事をするべきだ」といつも言っているんだけど、今回の仕事はまさにチャレンジングな内容だった。鈴木さん、河盛さんとの仕事によって素晴らしい経験が出来たし、自分の音楽ライフとスキルを成長させる事が出来て満足しているよ。

鈴木さん、河盛さん菅沼さん、自分の人生の歴史を変えてくれてありがとう!Cheers 

 -----------------------------------------------------------------------------------------------------------

見た目は凄いけど、とても真面目な彼。

単純に僕、ファンになっちゃいました。笑
また一緒に作ろうね。
mitsuto_pict01_111222.jpg
Shootie HG   http://shawnmcpherson.com/

 


 
ではみなさん、良い週末を!


Mitsuto Suzuki


【特記事項】
「FINAL FANTASY XIII-2」の制作現場で大活躍をしたRME。
販売元のsynthax japan様の公式サイトにてRME導入事例として、
音楽面での新たな試み、使用機材の事などについて語っています。
http://www.synthax.jp/user-companies/articles/square-enix.html