SQUARE ENIX MUSIC BLOG Composers & Synhesizer Programmers

鈴木 光人 Mitsuto Suzuki

ソロ作品『IN MY OWN BACKYARD』(2007)、『NEUROVISION』(2009) をiTuneより発表。 2009年CEDEC登壇、2011年3月にはサンフランシスコで行われた世界最大のゲーム開発者向けカンファレンスGDCにおいて即興ライブを披露した。猫と酒と電子音楽をこよなく愛す。 座右の銘は「思い立ったら即行動」

鈴木 光人

鈴木週報「FINAL FANTASY VII REMAKE Original Soundtrack」リリース!

「FINAL FANTASY VII REMAKE Original Soundtrack」リリースされました!

mitsuto_pict01endst_20200529.jpg
●「FINAL FANTASY VII REMAKE Original Soundtrack」公式サイト
https://www.jp.square-enix.com/music/sem/page/FF7R/ost/

5/26のオリコンデイリーで1位を頂き順調な走り出しのようです!
とにかく沢山の人が関わっているので、ブックレットを読みながら聴いてもらえると嬉しいです!

さて本日から何回かに分けて、僕の制作に関わってもらってる方々を全員紹介します。
初回はスクエニ社内スタッフから。

mitsuto_pict011sekito_20200529.jpg
関戸剛(大阪開発)
コルネオ杯「断罪の処刑マシン」やエアリス「あちこち盛られて」など安定のアレンジを担当。
「クレイジーモーターサイクル ―行くぜ野郎ども―」のギターバッキングは、
最初シンセサイザーで作っていたのですが、最終的には関戸さんギターに丸っと差し替えました。
いつもいい音ありがとうございます!

mitsuto_pict02murai_20200529.jpg
村井歩(大阪開発)
JAZZジャイアントの村井さんには、手揉みやで流れるアダルトなアレンジ「ハイエンドもみー」をほぼ丸投げしました。「こんな感じになりましたー」と自信満々に納品してくれたのは嬉しかったです。原曲を200パーセントまで広げてくれた手腕はお見事すぎたので共作クレジット。他、「スカーレットのテーマ」のピアノ等も村井氏によるもの。

mitsuto_pict03hirose_20200529.jpg
廣瀬裕貴
http://blog.jp.square-enix.com/music/cm_blog/2019/12/rec_6.html
週報でも紹介しました!
「ウォール・マーケット」関連の口笛は全て廣瀬君。
開発中はあちこちから「チョコボ・サムー」の陽気な口笛が聞こえてきて和んだなぁ〜。
と、同時にほとんどのインゲームBGMの音量調整は廣瀬君によるもの。ドヤッ!

mitsuto_pict04kato_20200529.jpg
Keisuke Albert Kato
「ミッドガル・ブルース(Global Jukebox Ver.)」のボーカル担当。
話がトントン拍子に進み、気がつくとレコーディングだったのではないでしょうか。
ブルースハープ吹いてもらったり色々無茶振りしたにも関わらず対応してもらってありがとうございました!
でも一番得意な楽器はギターだそうです・・(笑)。

mitsuto_pict05toki_20200529.jpg
土岐望
http://blog.jp.square-enix.com/music/cm_blog/2020/04/post_650.html
週報でも紹介しました!
「STAND UP」「スカーレットのテーマ」などメロディに対する英詞の当て込み、
「忠犬スタンプ」などを共作しました。ボーカル曲のメロディラインに関しては、
土岐さんフィルターで「いい感じ」に壊してくれてグッと良くなりました。
制作上のCubaseトピックやノウハウが沢山あるので、別の機会にでもお話し出来ればと思います。

そして社内外スタッフとの制作についてや制作の裏側ギリギリまで話したインタビューが
公開されました!内容かなり濃いです。合わせて是非!!

◼️Gamer@ゲーム情報
「ファイナルファンタジーVII リメイク」を彩る楽曲の制作秘話――
陥没道路からヘルハウス、ローチェ戦など、鈴木光人氏ロングインタビュー! https://www.gamer.ne.jp/news/202005260001/

次回は社外アレンジャーの方々をご紹介します!

mitsuto suzuki