SQUARE ENIX MUSIC BLOG Composers & Synhesizer Programmers

鈴木 光人 Mitsuto Suzuki

ソロ作品『IN MY OWN BACKYARD』(2007)、『NEUROVISION』(2009) をiTuneより発表。 2009年CEDEC登壇、2011年3月にはサンフランシスコで行われた世界最大のゲーム開発者向けカンファレンスGDCにおいて即興ライブを披露した。猫と酒と電子音楽をこよなく愛す。 座右の銘は「思い立ったら即行動」

鈴木 光人

鈴木週報 レコーディング日報

2020 録り納め

今年最後のレコーディングをビクタースタジオ401で行ってきました。
Recエンジニアは本澤尚之さん。
本澤さん担当曲、僕担当曲の2部構成。

mitsuto_pict01_20201225.jpeg
ざわさん、今日の録りと進行は任せました!

mitsuto_pict02_20201225.jpeg
矢口博康さんを中心にサックス・カルテットのRec。

厳密にはカルテットだけでなく重ねありで、より厚みのあるサウンドからソロまで。
ゲームでこういうのは聴いた事ないなぁと楽しみが増すばかり。
矢口さん曰く「ざわ君の脳内で鳴ってる音に近づけたかな」と。かっこよすぎです。

mitsuto_pict03_20201225.jpeg
鈴木パートはBEHRINGER TD3 + GameChanger AUDIO PLASMA Pedalを組み合わせたアシッドパート。

レコーディングはあえてコントロールルームで爆音録音。
PLASMA PedalのBLENDノブを(キノセル管内の気体が放電w)意識しつつランダムかつ
リアルタイムに歪ませて録音しました。サウンドチェック後、2テイクで終了。

mitsuto_pict04_20201225.jpeg
nonパート、ノイズギター。

JHS Crimson、Z-VEX他、GIGA DelayでステレオパラってMarshall+Fenderという、いかついセッティング。
途中、GameChanger AUDIO PLASMA RACKも登場し歪みとトレモノを多用したランダムノイズに。
こういうサウンドはどう転んでもスタジオでしか作れないし、スプリングリバーブ多用出来て幸せ。

mitsuto_pict05_20201225.jpeg
本日の演奏者のみなさまと。
そして関係者の皆様、お疲れ様でした!

mitsuto_pict06_20201225.jpeg
メリークリスマス!

mitsuto suzuki