NieR Blog

ALL ENTRIES

Deus Ex MAN KIND DIVIDED

2017年03月23日

選択と結末

▲▼選択と結末

本作では同じ目的の達成にも、コンバット、ステルス、ソーシャル、ハッキングと様々なアプローチを選ぶ事ができる。プレイヤーの選択が様々な結果をもたらし、その決断の積み重ねが、この世界の行く末に影響を及ぼしていく。

20160323_dxmkd_ch_01.jpg

殺傷武器で敵対するものは皆殺しにしていくのか、非殺傷武器で犠牲は最小限にとどめるのか...

20160323_dxmkd_ch_02.jpg

敵に見つからないようステルスで進むのか、敵に向かっていくのか...

Deus Ex MAN KIND DIVIDED

2017年03月23日

オーグメンテーション

20160323_dxmkd_aug_00.jpg

▲▼AUGMENTATION

オーグメンテーションとは、身体能力を飛躍的に向上させる為、サイバネティック技術やナノ技術を用いた義肢・人工臓器を体内に埋め込む行為。病気や怪我からの回復はもちろん、身体の武装化や、感覚器官の強化等も可能。

本作では「オーグメンテーション」スキルをアンロックすることで、アダム・ジェンセンをカスタマイズすることができる。新たなオーグメンテーションをアンロックするには「プラクシス・キット」が必要となる。プラクシス・キットはマップ上で発見できるほか、一定のXPを貯めることで獲得できる。XPは目標を達成したり、より難易度の高い方法でミッションをクリアしたりすることで貯まっていく。

基本的にオーグメンテーションの発動にはエネルギーが必要となる。発動中ずっとエネルギーが消費されるものもあれば、1アクションごとにエネルギーが一定量消費されるものがある。また、一度アンロックすればパッシブスキルとして自動的に発動されるものもある。

20160323_dxmkd_aug_01.jpg

オーグメンテーションの闇取引やメンテナンスを行うコラーの工房。

20160323_dxmkd_aug_02.jpg

オーグメンテーションアップグレード画面。頭部、目、胴、腕、背中、皮膚、脚の部位ごとに様々な能力を追加することができる。

20160323_dxmkd_aug_03.jpg

頭部オーグメンテーションをアップグレードすれば、PCやセキュリティ端末、電子ロックなどをハッキングすることができる。ハッキングレベルに応じ、より安全に速やかにハッキングが可能となる。

20160323_dxmkd_aug_04.jpg

セキュリティ端末をハッキングすれば、監視カメラのオン/オフの他、赤外線グリッドの無効化や敵方のターレットやロボットをコントロールすることも可能。

20160323_dxmkd_aug_05.jpg

新たなオーグメンテーションのひとつ、「リモート・ハッキング」電子デバイスを離れた場所からハッキングできる。なお、新たなオーグメンテーションは実験段階のモデルとなる。

20160323_dxmkd_aug_06.jpg

ソーシャル・エンハンサーは会話相手の行動パターンを分析し、対象の説得や誘導を容易にする。なお、ミッションの中には会話が上手くいけば敵対せずにすむ相手などもいる。

20160323_dxmkd_aug_07.jpg

網膜に作用するオーグメンテーション「スマートビジョン」体温や心拍、微細な電気信号などから対象の位置を検知し、視界に投影する。また、スマートビジョン使用時、武器で対象に狙いを定めると、相手の武器や施されているオーグメンテーションがわかる。

20160323_dxmkd_aug_08.jpg

腕のオーグメンテーション「インスタント・テイクダウン」近接格闘能力が向上し、アーマーをつけていない相手であれば1発でテイクダウンすることができる。

20160323_dxmkd_aug_09.jpg

メカニカルレッグの「サイバーレッグプロテーゼ」があれば、高所へ跳躍できるようになる。上下左右にルートが存在する本作を、ステルスで攻略する際は、必須のスキルかもしれない。

20160323_dxmkd_aug_11.jpg

今作から新たに加わった攻撃に特化した武装オーグメンテーション。これらは試験型オーグメンテーションとなり、有効化するとオーバークロックが発生する。実用化するにはオーバークロックを調整する必要があるのだが...

20160323_dxmkd_aug_12.jpg

多種多様な武器もカスタマイズが可能。アクションかステルスか、殺傷か非殺傷かなどのプレイスタイルにあわせて自由にカスタマイズしよう。

Deus Ex MAN KIND DIVIDED

2017年03月23日

ドヴァリ

プラハ一円、およびチェコ共和国内外の地域を勢力圏とするドヴァリ・ファミリーの現首領が、ラディチ・ニコラッツェである。彼の地位は、ボツコヴェリ家などドヴァリ家の近縁から常に勢力争いにさらされている。他に、カドレック・ファミリーもいまだに影響力のある集団ではあるが、チェコをルーツとするため支配権を掌握するには至らないと目されている。
2029年現在、ドヴァリ・ファミリーの犯罪活動は、武器の違法売買、薬物の流通(ブラックマーケットのニューロポジン等)、窃盗、恐喝、密輸、賭博から売春まで、多様かつ広範囲に及んでいる。一方で、新技術の採用にはこれまで消極的であり、最近になってようやく、ハッキング、電子窃盗、違法トラッキングなどのサイバー犯罪への進出を開始した。とはいえ、オンライン上でも難なく顧客を見つけ出し、見事に当局の追跡を逃れている。
しかし、ドヴァリ・ファミリーがもっとも得意とする犯罪行為は、やはり人身売買である。対象は自発的な亡命者の場合もあるが、強制された奴隷であることも多い。欧州全土から中東の一部にまで張り巡らされた密輸ルートを用いるドヴァリは、人体オーグメンテーション技術の恩恵を最大限に搾取できる立場にある。つまり、オーグを誘拐し、彼らを非常に高価で希少な商品として売りさばくのだ。万が一貨物を生きたまま輸送することが困難と判明した場合は、あらゆる手段でオーグメンテーション部品を確保して、部品だけを運ぶこともいとわない。

DXMKD_dvari_tarvos.jpg

▽ドヴァリ

プラハ一円、およびチェコ共和国内外の地域を勢力圏とするドヴァリ・ファミリーの現首領が、ラディチ・ニコラッツェである。彼の地位は、ボツコヴェリ家などドヴァリ家の近縁から常に勢力争いにさらされている。他に、カドレック・ファミリーもいまだに影響力のある集団ではあるが、チェコをルーツとするため支配権を掌握するには至らないと目されている。

2029年現在、ドヴァリ・ファミリーの犯罪活動は、武器の違法売買、薬物の流通(ブラックマーケットのニューロポジン等)、窃盗、恐喝、密輸、賭博から売春まで、多様かつ広範囲に及んでいる。一方で、新技術の採用にはこれまで消極的であり、最近になってようやく、ハッキング、電子窃盗、違法トラッキングなどのサイバー犯罪への進出を開始した。とはいえ、オンライン上でも難なく顧客を見つけ出し、見事に当局の追跡を逃れている。

しかし、ドヴァリ・ファミリーがもっとも得意とする犯罪行為は、やはり人身売買である。対象は自発的な亡命者の場合もあるが、強制された奴隷であることも多い。欧州全土から中東の一部にまで張り巡らされた密輸ルートを用いるドヴァリは、人体オーグメンテーション技術の恩恵を最大限に搾取できる立場にある。つまり、オーグを誘拐し、彼らを非常に高価で希少な商品として売りさばくのだ。万が一貨物を生きたまま輸送することが困難と判明した場合は、あらゆる手段でオーグメンテーション部品を確保して、部品だけを運ぶこともいとわない。

 

Deus Ex MAN KIND DIVIDED

2017年03月23日

タルヴォス・セキュリティ

近年になって台頭著しい民間警備企業である、タルヴォス・セキュリティ・サービスは、世界でも有数の高い収益性を誇る安全保障関連団体である。その保安業務内容は、民間の取り締まり、暴徒鎮圧、要人護衛からセキュリティ評価、監視およびリスクマネジメント業務、そして現場警備に至るまで多岐に渡る。つまるところ、民間企業の品質管理がなされた雇われの警察署のような存在といえるだろう。
企業としてのタルヴォスは、世界中から最高レベルの適正をもった非オーグの人材を集め、訓練によってさらに能力を高めること社是としている。従業員は元軍人や警官から構成され、かつて民間軍事企業、ベルタワー・アソシエイツに籍を置いていた者も多い。しかし、同社のパンフレットによれば、従業員ならびに役員ともに、この悪名高い会社の出身者はいないということになっており、また、過去のことはどうあれ、現在はオーグを受託者とした業務は行なっていないとされている。

DXMKD_FT_tarvos.jpg

▽タルヴォス・セキュリティ

近年になって台頭著しい民間警備企業である、タルヴォス・セキュリティ・サービスは、世界でも有数の高い収益性を誇る安全保障関連団体である。その保安業務内容は、民間の取り締まり、暴徒鎮圧、要人護衛からセキュリティ評価、監視およびリスクマネジメント業務、そして現場警備に至るまで多岐に渡る。つまるところ、民間企業の品質管理がなされた雇われの警察署のような存在といえるだろう。

企業としてのタルヴォスは、世界中から最高レベルの適正をもった非オーグの人材を集め、訓練によってさらに能力を高めること社是としている。従業員は元軍人や警官から構成され、かつて民間軍事企業、ベルタワー・アソシエイツに籍を置いていた者も多い。しかし、同社のパンフレットによれば、従業員ならびに役員ともに、この悪名高い会社の出身者はいないということになっており、また、過去のことはどうあれ、現在はオーグを受託者とした業務は行なっていないとされている。

Deus Ex MAN KIND DIVIDED

2017年03月23日

アーク

20160323_dxmkd_fac_13.jpg

Augmented Rights Coalition(オーグ権利連合)通称「ARC」は、草の根運動レベルからスタートした。しかし、オーグ市民の虐殺が政府によって見過ごされている状況を不安視したヨーロッパ中のオーグメンテーション支持グループが団結することによって活動は拡大。当初はオーグメントに対し、援助と法的支援を提供することが活動目的だったが、オーグへの恐怖が広がるにつれ、オーグメンテーション擁護活動へと進化。指導者は元医師のタロス・ラッカー。

しかし、近年の情勢がたたり監視対象の組織となってしまった。2028年以降に発生した諸々のテロ事件が、ARCによるものとみなされ、ラッカーの平和的な抗議活動もむなしく、激しい批判にさらされている。

20160323_dxmkd_fac_07.jpg

ARCの本拠地はオーグ隔離地区であるウトゥレックの中にあり、そのエリアは「スロート=喉笛」と呼ばれるエリアのさらに先にある。

20160323_dxmkd_fac_08.jpg

ARC管轄区は区画によっては一般人の立ち入りが禁じられている。不用意に進めば、ARCの傭兵達の手で蜂の巣にされる。

20160323_dxmkd_fac_09.jpg

過激派組織ではないとされているARCだが、本拠地の中には銃を手にした傭兵や物騒なセキュリティシステムが張り巡らされている。

20160323_dxmkd_fac_10.jpg

ARCの強硬派「マルチェンコ」。平和主義の指導者であるラッカーを尊敬はしているが、己の信念はまた別にあるようだ。

20160323_dxmkd_fac_11.jpg

ARCの指導者「ラッカー」反オーグ意識が高まるこの世界で、オーグの権利を平和的に守るため必死に戦っている。