NieR Blog

ALL ENTRIES

Deus Ex MAN KIND DIVIDED

NEWS

2017年03月27日

PS4®版の特典DLCの一部アイテムが不足している問題について(続報)

20170323_dxmkd_logo.jpg

現在、PS4®版「Deus Ex: Mankind Divided」において、特典として付属しているDLC「オーグメントエージェント・パック」、「アサルト・パック」、「タクティカル・パック」に含まれるアイテムのうち一部の消耗系アイテムの数量が、予定しておりました数量より不足している現象を確認しております。

つきましては、「オーグメントエージェント・パック」、「アサルト・パック」、「タクティカル・パック」をそれぞれ所持しているお客様を対象に、不足分のアイテムを補填する無料の「補填セット」の配信をPlayStation®Store上にて行います。

配信期間:

2017年3月31日(金)12:00頃より

配信方法:

PlayStation®Storeにて配信

配信条件:

・ダウンロード版予約購入特典「オーグメントエージェント・パック」、「アサルト・パック」、「タクティカル・パック」を所持している方

・ダウンロード版早期購入特典「オーグメントエージェント・パック」、「アサルト・パック」を所持している方

・パッケージ版初回生産特典「オーグメントエージェント・パック」、「アサルト・パック」を所持しており、プロダクトコードを入力している方

・パッケージ版通常特典「オーグメントエージェント・パック」を所持しており、プロダクトコードを入力している方

PlayStation®Store内、Deus Ex: Mankind Divided関連アイテム欄より各種「補填セット」をダウンロードしてください。

※それぞれ所持している特典パックに応じて、不足分補填セットを配信いたします。

※パッケージ版特典プロダクトコードは、コード入力後に補填セットがダウンロード可能になります。コードの入力タイミングは問いません。

 

この問題についてご不明な点があれば、スクウェア・エニックス サポートセンターへお問い合わせください。

お客様にはご迷惑をおかけしておりますことを、お詫びいたします。

 

Deus Ex MAN KIND DIVIDED

NEWS

2017年03月23日

PS4版の特典DLCの一部アイテムが不足している問題について

20170323_dxmkd_logo.jpg

現在、PS4版「Deus Ex: Mankind Divided」において、特典として付属しているDLC「オーグメントエージェント・パック」、「アサルト・パック」、「タクティカル・パック」に含まれるアイテムのうち一部の消耗系アイテムの数量が、予定しておりました数量より不足している現象を確認しております。

 

つきましては、「オーグメントエージェント・パック」、「アサルト・パック」、「タクティカル・パック」をそれぞれ所持しているお客様を対象に、不足分のアイテムを補填する無料の「補填セット」の配信をPS Store上にて行う予定です。

 

配信開始日および取得方法が決定いたしましたら、改めてお知らせいたします。

お客様にはご迷惑をおかけいたしますことを、お詫びいたします。

 

「デウスエクス マンカインド・ディバイデッド」に関するお問い合わせは「スクウェア・エニックス サポートセンター」までお願い申しあげます。

 

Deus Ex MAN KIND DIVIDED

2017年03月23日

ブリーチモード

20160323_dxmkd_brc_01.jpg

▲▼ブリーチモード
「ブリーチ」モードを新たに搭載。プレイヤーはアバターとして仮想空間に再現されたサーバーにアクセスし、世界に蔓延する腐敗や陰謀の証拠を盗み出す。世界中のハッカーと腕を競い、セキュリティを突破し秘密を暴け!
DXMKD_breach_01(仮)
ブリーチは本編とは全くゲーム性の異なる新モード。世界最高峰のハッカーとして名高い「ShadowChild(シャドウ・チャイルド)」の指示の元、「リッパー」となりサーバーに侵入しデータを盗み出す。
DXMKD_breach_02
ブリーチではマップごとに、データの抽出、敵の殲滅、データフラグメントの収集などの目的が設定されている。
DXMKD_breach_03
プレイヤーはアバターとなり仮想世界に再現されたサーバーへと侵入する。サーバー内部ではデータを守るためのセキュリティプログラムが敵となって現れ、プレイヤーを阻止する。敵をかわしデータを入手し、無事仮想世界から脱出するまでが本モードの目的となる。
DXMKD_breach_04
ブリーチ独自のオーグメンテーションが存在。本編同様アバターをオーグメンテーションでアップグレードし、より高度なサーバーを攻略しよう。
ブリーチで様々な情報にアクセスすることで、この世界の真実により近づくことができるだろう…。

▲▼ブリーチモード

「ブリーチ」モードを新たに搭載。プレイヤーはアバターとして仮想空間に再現されたサーバーにアクセスし、世界に蔓延する腐敗や陰謀の証拠を盗み出す。世界中のハッカーと腕を競い、セキュリティを突破し秘密を暴け!

 

20160323_dxmkd_brc_02.jpg

ブリーチは本編とは全くゲーム性の異なる新モード。世界最高峰のハッカーとして名高い「ShadowChild(シャドウ・チャイルド)」の指示の元、「リッパー」となりサーバーに侵入しデータを盗み出す。

 

20160323_dxmkd_brc_03.jpg

ブリーチではマップごとに、データの抽出、敵の殲滅、データフラグメントの収集などの目的が設定されている。

 

20160323_dxmkd_brc_04.jpg

プレイヤーはアバターとなり仮想世界に再現されたサーバーへと侵入する。サーバー内部ではデータを守るためのセキュリティプログラムが敵となって現れ、プレイヤーを阻止する。敵をかわしデータを入手し、無事仮想世界から脱出するまでが本モードの目的となる。

 

20160323_dxmkd_brc_05.jpg

ブリーチ独自のオーグメンテーションが存在。本編同様アバターをオーグメンテーションでアップグレードし、より高度なサーバーを攻略しよう。

ブリーチで様々な情報にアクセスすることで、この世界の真実により近づくことができるだろう…。

 

Deus Ex MAN KIND DIVIDED

2017年03月23日

選択と結末

▲▼選択と結末

▲▼選択と結末
本作では同じ目的の達成にも、コンバット、ステルス、ソーシャル、ハッキングと様々なアプローチを選ぶ事ができる。プレイヤーの選択が様々な結果をもたらし、その決断の積み重ねが、この世界の行く末に影響を及ぼしていく。
DXMKD_choice_01(仮)、DXMKD_choice_02(仮)
殺傷武器で敵対するものは皆殺しにしていくのか、非殺傷武器で犠牲は最小限にとどめるのか… 
DXMKD_choice_03(仮)、DXMKD_choice_04(仮)
敵に見つからないようステルスで進むのか、敵に向かっていくのか…

本作では同じ目的の達成にも、コンバット、ステルス、ソーシャル、ハッキングと様々なアプローチを選ぶ事ができる。プレイヤーの選択が様々な結果をもたらし、その決断の積み重ねが、この世界の行く末に影響を及ぼしていく。

 

20160323_dxmkd_ch_01.jpg

殺傷武器で敵対するものは皆殺しにしていくのか、非殺傷武器で犠牲は最小限にとどめるのか… 

 

20160323_dxmkd_ch_02.jpg

敵に見つからないようステルスで進むのか、敵に向かっていくのか…

 

Deus Ex MAN KIND DIVIDED

2017年03月23日

オーグメンテーション

20160323_dxmkd_aug_00.jpg

▲▼AUGMENTATION
オーグメンテーションとは、身体能力を飛躍的に向上させる為、サイバネティック技術やナノ技術を用いた義肢・人工臓器を体内に埋め込む行為。病気や怪我からの回復はもちろん、身体の武装化や、感覚器官の強化等も可能。
本作では「オーグメンテーション」スキルをアンロックすることで、アダム・ジェンセンをカスタマイズすることができる。新たなオーグメンテーションをアンロックするには「プラクシス・キット」が必要となる。プラクシス・キットはマップ上で発見できるほか、一定のXPを貯めることで獲得できる。XPは目標を達成したり、より難易度の高い方法でミッションをクリアしたりすることで貯まっていく。
基本的にオーグメンテーションの発動にはエネルギーが必要となる。発動中ずっとエネルギーが消費されるものもあれば、1アクションごとにエネルギーが一定量消費されるものがある。また、一度アンロックすればパッシブスキルとして自動的に発動されるものもある。
DXMKD_customize_00
オーグメンテーションの闇取引やメンテナンスを行うコラーの工房。
DXMKD_customize_01
オーグメンテーションアップグレード画面。頭部、目、胴、腕、背中、皮膚、脚の部位ごとに様々な能力を追加することができる。
DXMKD_customize_02
頭部オーグメンテーションをアップグレードすれば、PCやセキュリティ端末、電子ロックなどをハッキングすることができる。ハッキングレベルに応じ、より安全に速やかにハッキングが可能となる。
DXMKD_customize_03
セキュリティ端末をハッキングすれば、監視カメラのオン/オフの他、赤外線グリッドの無効化や敵方のターレットやロボットをコントロールすることも可能。
DXMKD_customize_04
新たなオーグメンテーションのひとつ、「リモート・ハッキング」電子デバイスを離れた場所からハッキングできる。なお、新たなオーグメンテーションは実験段階のモデルとなる。
DXMKD_customize_05
ソーシャル・エンハンサーは会話相手の行動パターンを分析し、対象の説得や誘導を容易にする。なお、ミッションの中には会話が上手くいけば敵対せずにすむ相手などもいる。
DXMKD_customize_06
網膜に作用するオーグメンテーション「スマートビジョン」体温や心拍、微細な電気信号などから対象の位置を検知し、視界に投影する。また、スマートビジョン使用時、武器で対象に狙いを定めると、相手の武器や施されているオーグメンテーションがわかる。
DXMKD_customize_07
腕のオーグメンテーション「インスタント・テイクダウン」近接格闘能力が向上し、アーマーをつけていない相手であれば1発でテイクダウンすることができる。
DXMKD_customize_08
高所からの落下時にダメージを受けなくなる「イカルス・ランディング」エネルギーの消費なく発動するため、アップグレードしておいて損はない。
DXMKD_customize_09
メカニカルレッグの「サイバーレッグプロテーゼ」があれば、高所へ跳躍できるようになる。上下左右にルートが存在する本作を、ステルスで攻略する際は、必須のスキルかもしれない。
DXMKD_customize_10、DXMKD_customize_11
今作から新たに加わった攻撃に特化した武装オーグメンテーション。これらは試験型オーグメンテーションとなり、有効化するとオーバークロックが発生する。実用化するにはオーバークロックを調整する必要があるのだが…
DXMKD_customize_12
多種多様な武器もカスタマイズが可能。アクションかステルスか、殺傷か非殺傷かなどのプレイスタイルにあわせて自由にカスタマイズしよう。

▲▼AUGMENTATION

オーグメンテーションとは、身体能力を飛躍的に向上させる為、サイバネティック技術やナノ技術を用いた義肢・人工臓器を体内に埋め込む行為。病気や怪我からの回復はもちろん、身体の武装化や、感覚器官の強化等も可能。

 

本作では「オーグメンテーション」スキルをアンロックすることで、アダム・ジェンセンをカスタマイズすることができる。新たなオーグメンテーションをアンロックするには「プラクシス・キット」が必要となる。プラクシス・キットはマップ上で発見できるほか、一定のXPを貯めることで獲得できる。XPは目標を達成したり、より難易度の高い方法でミッションをクリアしたりすることで貯まっていく。

 

基本的にオーグメンテーションの発動にはエネルギーが必要となる。発動中ずっとエネルギーが消費されるものもあれば、1アクションごとにエネルギーが一定量消費されるものがある。また、一度アンロックすればパッシブスキルとして自動的に発動されるものもある。

 

DXMKD_customize_01.jpg

オーグメンテーションの闇取引やメンテナンスを行うコラーの工房。

 

20160323_dxmkd_aug_02.jpg

オーグメンテーションアップグレード画面。頭部、目、胴、腕、背中、皮膚、脚の部位ごとに様々な能力を追加することができる。

 

20160323_dxmkd_aug_03.jpg

頭部オーグメンテーションをアップグレードすれば、PCやセキュリティ端末、電子ロックなどをハッキングすることができる。ハッキングレベルに応じ、より安全に速やかにハッキングが可能となる。

 

20160323_dxmkd_aug_04.jpg

セキュリティ端末をハッキングすれば、監視カメラのオン/オフの他、赤外線グリッドの無効化や敵方のターレットやロボットをコントロールすることも可能。

 

20160323_dxmkd_aug_05.jpg

新たなオーグメンテーションのひとつ、「リモート・ハッキング」電子デバイスを離れた場所からハッキングできる。なお、新たなオーグメンテーションは実験段階のモデルとなる。

 

20160323_dxmkd_aug_06.jpg

ソーシャル・エンハンサーは会話相手の行動パターンを分析し、対象の説得や誘導を容易にする。なお、ミッションの中には会話が上手くいけば敵対せずにすむ相手などもいる。

 

20160323_dxmkd_aug_07.jpg

網膜に作用するオーグメンテーション「スマートビジョン」体温や心拍、微細な電気信号などから対象の位置を検知し、視界に投影する。また、スマートビジョン使用時、武器で対象に狙いを定めると、相手の武器や施されているオーグメンテーションがわかる。

 

20160323_dxmkd_aug_08.jpg

腕のオーグメンテーション「インスタント・テイクダウン」近接格闘能力が向上し、アーマーをつけていない相手であれば1発でテイクダウンすることができる。

 

20160323_dxmkd_aug_09.jpg

メカニカルレッグの「サイバーレッグプロテーゼ」があれば、高所へ跳躍できるようになる。上下左右にルートが存在する本作を、ステルスで攻略する際は、必須のスキルかもしれない。

 

20160323_dxmkd_aug_11.jpg

今作から新たに加わった攻撃に特化した武装オーグメンテーション。これらは試験型オーグメンテーションとなり、有効化するとオーバークロックが発生する。実用化するにはオーバークロックを調整する必要があるのだが…

 

20160323_dxmkd_aug_12.jpg

多種多様な武器もカスタマイズが可能。アクションかステルスか、殺傷か非殺傷かなどのプレイスタイルにあわせて自由にカスタマイズしよう。