SQUARE ENIX MUSIC BLOG Composers & Synhesizer Programmers

早いものでオフィシャルブログがスタートして9年。

「鈴木週報」はその名のごとく毎週の出来事をなるべくリアルタイムにお届けするのと、
自分の健忘録として割とどーでもいい事の2局面性を書かせてもらってます。
仕事はとても好きですし、同時に遊ぶのもめちゃくちゃ好きです。
結果1年経つのが早いわけですが、ここ数年は本当に早い!
次の1年もシンプルに業務に差し障りない範囲でポストしたい次第です。

さて、今週はメディア関係の告知がいくつかあるのでまとめておきます。

~~

●スクウェア・エニックスで働くということ――鈴木光人氏「働き方改革」インタビューhttps://www.gamer.ne.jp/news/202006240002/?fbclid=IwAR34ul7ukBiOGKKC4vBavDFR_433nXTUaJq741ZOAbHxwlu89gAPeTzvgGE

僕が普段から行ってる「働き方」についてなので、かたい話ではありません。ご時勢的な話題も多々。
関連しますがブログは来年10周年を迎えます。実は10年なんてあっと言う間!

●サウンド&レコーディングマガジン2020年8月号 掲載情報
「音の匠SPECTRASONICSはなぜ愛され続けるのか?」
https://www.rittor-music.co.jp/magazine/sound-recording/?fbclid=IwAR2weX834OdvcWUnShRcPIyEsiu-3Y8y6aY7lojnCkO7df05UXK5yolC0_M

稼働率が高いSPECTRASONICS製品について寄稿させて頂きました!
Atomosphereから数えるとそろそろ20年。操作性や開発等で愛用してる音色を紹介!

●MOBIUS FINAL FANTASY ORIGINAL SOUNDTRACK 3
もうちょいで発売出来るよ~!待っててね~。
発売に合わせて「鈴木週報」ではアルバム収録曲全曲レビューを公開します!
ただいま執筆中なのでしばしお待ちを・・どうぞお楽しみに!

それではまた1年、
引き続きスクエ二サウンド部のブログにお付き合い頂ければ幸いです!

mitsuto suzuki

「FINAL FANTASY VII REMAKE Original Soundtrack」リリースされました!

最終回は演奏家さん2&エンジニア関係の方々です!

mitsuto_pict01_20200619.jpg
矢口博康氏(SAX)
http://blog.jp.square-enix.com/music/cm_blog/2019/12/recsax_vocal.html
週報でも紹介しました!
「ウォール・マーケット ー欲望の街ー」「とろとろの甘い夜」「STAND UP」。
「STAND UP」はサウンドチェック込みで3回通し演奏で終了。サントラでその躍動感を
確認してもらえればと思います〜!

mitsuto_pict02_20200619.jpg
狩野丈二氏(i-dep)
http://blog.jp.square-enix.com/music/cm_blog/2019/12/rec_7.html
週報でも紹介しました!
「ウォール・マーケット ー欲望の街ー」「ウォール・マーケット ーチョコボ・サムー」
「とろとろの甘い夜」「忠犬スタンプ」ドラム担当。打ち込みドラムパターンをいつも綺麗に清書してくれる丈二さん。「忠犬スタンプ」もそんな感じで完コピしてもらったのですが、オマケで4つ打ち版も合わせて録ったので編集で組み合わせています。コーラスから抜けたあたりからはスタンプが走ってるイメージで。

mitsuto_pict03_20200619.jpg
本澤尚之氏(Rec&Mix)
矢口さんのSAXからボーカルRecまで沢山お世話になりました!去年はFF7R&メビウスFFまでご一緒する機会が多い1年でした。感謝。また是非!

mitsuto_pict04_jpg
新保正博氏(Rec&Mix)
レコーディングエンジニアによって音の大部分の良し悪しは決まります。「安心感」や「信頼感」と言った精神的な面からも繋がってるので、いつも「誰に録ってもらうか」という部分をとても重要視しています。新保さんはここ数年ご一緒する機会が多く今回は録りもミックスも沢山お願いしました。「ウォール・マーケット」の大部分、賑やかな欲望渦巻く空間の表現には新保さんのミックスがバッチリでした!

mitsuto_pict05_20200619.JPG
松田正博氏(Mix)
「STAND UP」「陥没道路」「スカーレットのテーマ」等を担当。年間にしたらどれ位の曲数を混ぜてもらってるのか、今でこそリモートが普通ですが、松田さんとはかなり早い段階から環境を共通にして東京⇄大阪で距離感を感じる事なく一緒に作っています。整音された音を1番最初に聴ける楽しみは作り手である特権かと。これからもバリバリ宜しくです。

以上、シンプルに書いたつもりが1ヶ月に渡る投稿になりました。
沢山の人が関わり作品作りを進めてきました。そして伊勢・河盛、濱本を始めとするPM、スクウェアエニックスサウンドチームのスタッフ、関わった全てのサウンド関係の方々に感謝の気持ちを込めて締め括りたいと思います。

最後に是非サントラよろしくです!

●「FINAL FANTASY VII REMAKE Original Soundtrack」公式サイト
 https://www.jp.square-enix.com/music/sem/page/FF7R/ost/

そして以下インタビューが公開されました!
「ファイナルファンタジーVII リメイク」等で日々モニターとして使用してる
Focalについてお話しました。専門的な話題になりますがDTMを楽しんでおられる方は是非参考にどうぞ〜。

◼️ ファイナルファンタジーVII リメイクの楽曲制作を支えたモニタースピーカーとは?
スクウェア・エニックス所属のコンポーザー鈴木光人氏に、Focal Shapeシリーズの導入に至った経緯を、ご本人の言葉で語っていただきました。

https://twitter.com/minetjp/status/1272815828828745728

mitsuto suzuki

「FINAL FANTASY VII REMAKE Original Soundtrack」リリースされました!

●「FINAL FANTASY VII REMAKE Original Soundtrack」公式サイト
 https://www.jp.square-enix.com/music/sem/page/FF7R/ost/

先週に続き僕の制作に関わってもらってる方々を全員紹介します。
3回目はプレイヤー関係の方々です。

mitsuto_pict01_20200612.jpg
平井直樹氏(omni sight、exBOOM BOOM SATELLITES)
http://blog.jp.square-enix.com/music/cm_blog/2019/03/_rec_5.html
週報でも紹介しました!
「クレイジーモーターサイクル -行くぜ野郎ども-」ドラム担当。
いつかお仕事ご一緒出来ればと思ってたタイミングが今回でした。実はその他にも2~3曲分のドラムをレコーディングしてるので、また別の機会にでも登場してもらおうと思ってます。
「クレイジー」はとにかく理想的な形でレコーディングが出来て理想的な形にミックス出来た1曲です。制作段階もドライブしながらよくモニターチェックしてたのでスピード感出てると嬉しいなぁ。

mitsuto_pict02_20200612.jpg
non (Guitar&Vocal)
「クレイジーモーターサイクル」「ミッドナイトスパイラル」ノイズギター担当。
即興性のある召喚獣の声みたいなギターでとても気に入ってます(笑)。
その他「RUN RUN RUN」や「忠犬スタンプ(Japanese Jukebox Ver.)」のボーカルもお願いしたのですが、スタンプは1人5役を演じてコーラスダビングを行い、キャラクターの使い分けがお見事でした。

mitsuto_pict03_20200612.jpg
アル コープランド & Yuki Kanesaka
アルさんは「蜜蜂の館」「スカーレットのテーマ」ボーカル担当。
ユキさんにはこの2曲のボーカルレコーディング周り全般で参加頂きました。
とにかくお二人の信頼関係あってのレコーディングで素晴らしいテイクが録れて、
「早くミックスやりてー」「音数少ないアウトテイク作りてー」と一人ウズウズしてました。
「蜜蜂の館」「スカーレットのテーマ」はまた違った形で何か出来ればといいなぁと思ってます。

mitsuto_pict04_350_20200612.jpg
Kai Ishikawa (BISHOP MUSIC)
ボーカリスト選出にご尽力頂きました。感謝!

mitsuto_pict05_20200612.jpg
最上川司 氏
「ミッドガルブルース」のボーカリストを誰にしようかと検討してる時に、割と身近な人脈から最上川さんにお願いする事が決まりました。ビジュアル系のイメージが先行してしまって「どんな人がくるんだろう」と思ってたのですが、とても気さくなお兄さんで「いいですね」と歌い方も色々試してもらって終始なごやかな雰囲気で終了。ムード歌謡を作るのは初めてでしたが楽しかったです!

来週はプレイヤーその2とエンジニアさんをご紹介します!

◼SONICWIREさんのサイトでインタビューが公開されました。
『FINAL FANTASY VII REMAKE』SONICWIRE SPECIAL INTERVIEW 鈴木 光人(SQUARE ENIX)
https://blog.sonicwire.com/2020/06/final-fantasy-vii-remake.html?fbclid=IwAR3-ZkS-Q7fiqnydfCVfGO56IeVHffhG7stcVNLS0W_hhBuqsUI6pF2-ywg

楽曲制作に加えソフト方面の切り口インタビューです。
使用ソフトをそのまま公開してるので、ゲーム音楽制作に興味がある方は是非ご参考下さい~!

mitsuto suzuki

「FINAL FANTASY VII REMAKE Original Soundtrack」リリースされました!

mitsuto_pict01endst_20200605.jpg

●「FINAL FANTASY VII REMAKE Original Soundtrack」公式サイト
 https://www.jp.square-enix.com/music/sem/page/FF7R/ost/

先週に続き僕の制作に関わってもらってる方々を全員紹介します。
2回目は外部アレンジャー関係の方々です。

mitsuto_pict02endst_20200605-2.jpg
Language
Yosuke Kakegawa - Language(ボイス&コーラス)
「クレイジーモーターサイクル」「虐げられた民衆」「スカーレットのテーマ」など、ボイスとコーラスを担当。「トム・ヨーク」「リー・ペリー」「バート・バカラック」と発注キーワードだけ聞くと「?」のオーダーですが、見事に再現したようなしてないようなギリギリ感が見事です。

Kaori - Language (Vocal)
「忠犬スタンプ (Global Jukebox Ver.)」のボーカル担当。
英語版と日本語版の2タイプ用意した「忠犬スタンプ」。Kaoriちゃんにはカッコいい感じでオーダー。少しテンポが早くてご迷惑かけましたが、とても良い感じに仕上がりました。

Naoyuki Honzawa - Language(アレンジ,Rec&Mix)
「イグニッションフレイム」「ハイ・タッチ」「ミグルミミグルミ」など多数お願いしました。中でもティファ&エアリスのテーマアレンジの「すりつぶねじりキル」はコルネオの館でのカットシーン、ソッチのキ○蹴りからバトル継続に続くスピード感はプレイヤーの方もドキドキしながら進めたのではないでしょうか。サントラDISC4一番最後の曲なので、オチ的に底に落ちておしまい!という感じで曲順調整をしました。そこも楽しんでもらえれば嬉しいです。

mitsuto_pict03endst_20200605-2.jpg
とくさしけんご(アレンジ)
オリジナル版をリアルタイムでプレイしてたとの事で「ヘルハウス」の複数曲メドレーはユーザー目線の素晴らしいアレンジでした。「トロトロの甘い夜」「スイート・ハニー」「スラムのドン」など原曲の良さを活かしたアレンジで原作愛を感じられるかと思います!

mitsuto_pict04endst_20200605-2.jpegmitsuto_pict05endst_20200605-2.jpeg
金子飛鳥&飛鳥ストリングス(ストリングスアレンジ&エレキヴァイオリン)
「スピードジャンキー」「陥没道路」「STAND UP」「スカーレットのテーマ」などストリングスアレンジを担当。高速ブレイクビーツの間を緻密に弦が展開する「スピードジャンキー」、水のように滑らかで美しいストリングスアレンジ「スカーレットのテーマ」など、飛鳥さんとのお仕事の集大成のような楽曲になりました。

次回は各プレイヤーの方々をご紹介します!

mitsuto suzuki

「FINAL FANTASY VII REMAKE Original Soundtrack」リリースされました!

mitsuto_pict01endst_20200529.jpg
●「FINAL FANTASY VII REMAKE Original Soundtrack」公式サイト
https://www.jp.square-enix.com/music/sem/page/FF7R/ost/

5/26のオリコンデイリーで1位を頂き順調な走り出しのようです!
とにかく沢山の人が関わっているので、ブックレットを読みながら聴いてもらえると嬉しいです!

さて本日から何回かに分けて、僕の制作に関わってもらってる方々を全員紹介します。
初回はスクエニ社内スタッフから。

mitsuto_pict011sekito_20200529.jpg
関戸剛(大阪開発)
コルネオ杯「断罪の処刑マシン」やエアリス「あちこち盛られて」など安定のアレンジを担当。
「クレイジーモーターサイクル ―行くぜ野郎ども―」のギターバッキングは、
最初シンセサイザーで作っていたのですが、最終的には関戸さんギターに丸っと差し替えました。
いつもいい音ありがとうございます!

mitsuto_pict02murai_20200529.jpg
村井歩(大阪開発)
JAZZジャイアントの村井さんには、手揉みやで流れるアダルトなアレンジ「ハイエンドもみー」をほぼ丸投げしました。「こんな感じになりましたー」と自信満々に納品してくれたのは嬉しかったです。原曲を200パーセントまで広げてくれた手腕はお見事すぎたので共作クレジット。他、「スカーレットのテーマ」のピアノ等も村井氏によるもの。

mitsuto_pict03hirose_20200529.jpg
廣瀬裕貴
http://blog.jp.square-enix.com/music/cm_blog/2019/12/rec_6.html
週報でも紹介しました!
「ウォール・マーケット」関連の口笛は全て廣瀬君。
開発中はあちこちから「チョコボ・サムー」の陽気な口笛が聞こえてきて和んだなぁ〜。
と、同時にほとんどのインゲームBGMの音量調整は廣瀬君によるもの。ドヤッ!

mitsuto_pict04kato_20200529.jpg
Keisuke Albert Kato
「ミッドガル・ブルース(Global Jukebox Ver.)」のボーカル担当。
話がトントン拍子に進み、気がつくとレコーディングだったのではないでしょうか。
ブルースハープ吹いてもらったり色々無茶振りしたにも関わらず対応してもらってありがとうございました!
でも一番得意な楽器はギターだそうです・・(笑)。

mitsuto_pict05toki_20200529.jpg
土岐望
http://blog.jp.square-enix.com/music/cm_blog/2020/04/post_650.html
週報でも紹介しました!
「STAND UP」「スカーレットのテーマ」などメロディに対する英詞の当て込み、
「忠犬スタンプ」などを共作しました。ボーカル曲のメロディラインに関しては、
土岐さんフィルターで「いい感じ」に壊してくれてグッと良くなりました。
制作上のCubaseトピックやノウハウが沢山あるので、別の機会にでもお話し出来ればと思います。

そして社内外スタッフとの制作についてや制作の裏側ギリギリまで話したインタビューが
公開されました!内容かなり濃いです。合わせて是非!!

◼️Gamer@ゲーム情報
「ファイナルファンタジーVII リメイク」を彩る楽曲の制作秘話――
陥没道路からヘルハウス、ローチェ戦など、鈴木光人氏ロングインタビュー! https://www.gamer.ne.jp/news/202005260001/

次回は社外アレンジャーの方々をご紹介します!

mitsuto suzuki

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11