SQUARE ENIX MUSIC BLOG Composers & Synhesizer Programmers

鈴木 光人 Mitsuto Suzuki

ソロ作品『IN MY OWN BACKYARD』(2007)、『NEUROVISION』(2009) をiTuneより発表。 2009年CEDEC登壇、2011年3月にはサンフランシスコで行われた世界最大のゲーム開発者向けカンファレンスGDCにおいて即興ライブを披露した。猫と酒と電子音楽をこよなく愛す。 座右の銘は「思い立ったら即行動」

鈴木 光人

Archives

取材日の出来事

さくっと取材は終わったのですが、
最後に「写真を一枚~」という感じでパシャ!

するとマジかー、360度撮影。
しかも連携してるiphoneアプリで角度を変えたり出来る!
(撮影後も編集出来るそうです)
そして自撮り棒が何故か写らない・・・

mitsuto_pict01_190322.JPEG
iphoneアプリをiphoneで撮影中。

mitsuto_pict02_190329.JPEG
手前、畑澤さんの左手に持ってる筈の自撮り棒が写らない、マジか。

mitsuto_pict03_190329.JPEG
そして、メディア・インテグレーションの畑澤さん。笑


Insta360 OneX というカメラだそうです。

さて、カメラの取材ではなく、
メディア・インテグレーションさんのインタビューは近日公開予定です。

どうぞお楽しみに!


Mitsuto Suzuki

「Touch that Sound!」

ソニーが開発した波面合成技術「Sonic Surf VR」を使用した
サウンド・インスタレーション展「Touch that Sound!」体験してきました。
キュレーターはサンレコ元編集長の國崎さん。

mitsuto_pict01_190322.JPEG

Coneliusの「あなたがいるなら -SSVR mix-」はとにかく音の配置が面白いし、
清水靖晃さんの「コントラプンクトゥス I -SSVR mix-」は、
目の前で響く音の粒と残響が気持ち良かった。
「聴く」と同時に「体験」する新しい感覚、どの作品も表現が自由で素晴らしかった。
3月24日(日)まで開催中です。

https://www.rittor-music.co.jp/rittorbase/touchthatsound/

そして「Sonic Surf VR」については藤本さんのサイトで詳しく紹介されています。
■藤本健のDigital Audio Laboratory
https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dal/1175133.html

さて、会場が御茶ノ水だったのでイベント後は軽く2~3軒楽器屋巡りをして、
ランチがてら飯田橋~神楽坂を散策。
この日の東京は快晴で気持ち良かったので、
(午前中に一納品終えていたので、気持ち的にも)足取り軽く帰社。
まぁたまにはこんな日もアリという事で。

東京、開花宣言されましたね、
皆様、良い週末を!


Mitsuto Suzuki

レコーディング風景

今週、色々なレコーディングをしてきました。

Where:MIXER'S LAB
Recエンジニアは新保正博さん

ドラム、平井直樹(omni sight、exBOOM BOOM SATELLITES)さん。
mitsuto_pict05_190315.JPG

平井さんには事前に録り音の方向性をお知らせしてたので、
非常にデットで良い音が録れました。
キメ細かな対応とパワフルなプレイ、リズム&ピッチ感、
全て合わせて録れ高200%。
結果欲しかった音がそのまま、まさに「最高」でした。


そしてピアノ、、ではなくギターのレコーディング。

mitsuto_pict02_190315.jpg

一通り録音した後、最後に更に面白い音が欲しかったので、
新保さんに相談したら、「こんなのどうです?」とご提案頂きました。
マーシャルから出た音をピアノに反響させてフィードバックを録るというもの。
思わず「クィーンじゃんw」って。

最初はリアンプする予定だったのですが、リアルタイム性に欠けるのも惜しいので、
生演奏をそのまま録りましょうという事で即Recスタート。
ラストテイクは僕も入ってキャビ&コンパクトエフェクターを操作して
一期一会のジャムレコーディング(7~8分録ってたのかな?)

手間暇惜しまず音作りに付き合って頂いた関係者の皆様に感謝です。
そして今回コーラスをお願いした掛川さんが、

「その姿勢が最高だね」と。

ありがとう、僕もそう思います。
そして、もちろんカッコ良い物に仕上げる予定。

どうぞお楽しみに!

Mitsuto Suzuki

今週は「日報」方式で。

●3月×日 レコーディングの日
凄く良いテイクが録れました。
ディレクターも終始和やかな表情で嬉しい。
PM軽部さんが「魂入りましたね」と。

一人で作り込むのも好きだけど、複数人セッションはまた違った楽しさがある。
そしてなによりスリリング。

エンジニアは新保正博さん、いつも有難うございます。

●3月×日 編集の日。
EDIT。毎回やってるうちに楽しくなっちゃうからあえて腹8分目。
残りは明日客観的な耳で。

帰路、最寄駅でばったりTAITOサウンドの昇平ちゃんと会ったのでそのまま飲みに。
お互いリラックスモードで〆

●3月×日 細野さん新譜の日。
朝御飯食べながらリビングで聴き、出勤時に聴く。良い1日の始まり。

大阪から関戸さんが出張で来られた。
ナイスなタイミング、ギターをお願いする。

●3月×日 社外対応の日。
日々お世話になってるソフトウェアメーカーさんが来訪。

進行中の曲。TOMISIRO本澤さんにベースをお願いする。
BGMを担当されてる深夜ドラマ
「デザイナー渋井直人の休日」毎週楽しく見ています。
いやマジで面白い、今クール1番。

●3月×日 卒園間近の日。
しりとり、ゲームの話、好きな女の子の話w、
若干二日酔いの朝に駆けっこで登園した日々もあと少し。
今朝は卒園式で歌う曲を練習しながら見慣れた景色を一緒に歩いた。
自分の時もこんな気持ちだったのだろうか。

午後一で面白い打ち合わせ。
そして快晴の一日。

皆様、良い週末を!

Mitsuto Suzuki

新しい仲間

BEHRINGER ModelDの音を聞いたら最後、
これは鍵盤で弾きたいなぁと、あれよあれよと組み上がりました。

mitsuto_pict01_190301.jpeg

鍵盤自体はただのケースで、
あとは自分好みのシンセやエフェクターを追加出来る仕組み。
なので個人の好みが色濃く反映される一台になります。

本体の中にスプリングリバーブのホールタンクを内蔵したので、
キーボードを揺らすとスプリングが振動して「ピチャーン」と鳴るのも
どうでも良い部分で気に入ってます。

とにかく朝来たら、まずはピッチを合わすところから始まるのも新鮮だし、
今年入ってからのベースはほとんどこいつだし、大活躍の予定。

Mitsuto Suzuki

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11