SQUARE ENIX MUSIC BLOG Composers & Synhesizer Programmers

鈴木 光人 Mitsuto Suzuki

ソロ作品『IN MY OWN BACKYARD』(2007)、『NEUROVISION』(2009) をiTuneより発表。 2009年CEDEC登壇、2011年3月にはサンフランシスコで行われた世界最大のゲーム開発者向けカンファレンスGDCにおいて即興ライブを披露した。猫と酒と電子音楽をこよなく愛す。 座右の銘は「思い立ったら即行動」

鈴木 光人

Archives

チェコビール

mitsuto_pict01_180302.jpg

ドン!

Mitsuto Suzuki

レコーディング

先週末からチェコはプラハにある、
Smecky Music Studiosへオーケストラの収録に行ってきました。

mitsuto_pict01_180224.jpg

日本からはとくさしけんご君と、
そして現地では諸々のプロジェクトでご一緒してるTOMISIROと合流。
TOMISIROとは別案件でのセッションだったのですが、
スタジオと演奏を共有する形で、今回一緒にレコーディングを行いました。

mitsuto_pict02_180224.jpg

そして全てのコーディネートは弊社でも度々お世話になってる、
Arriba Entertainmentのカート・ジェセン氏。

mitsuto_pict03_180224.jpg

タイトかつ密度あるサウンドが録れて、これから更にダビング、ミックス~編集と
楽しい楽しい作業に突入します。お楽しみに!

mitsuto_pict04_180224.jpg

最後にみんなでパシャ!


Mitsuto Suzuki

iPhone バッテリー交換

なんとなく先延ばしにしてましたが、ようやく。
結論。 もっと早くやっときゃ良かった、、、w

Mitsuto Suzuki

Focal モニタースピーカー

ロックオンカンパニーさんからFocalの新しいスピーカーのデモ機をお借りする。
ちょうど新しい曲に取り掛かるタイミングだったのでこれは嬉しい。

mitsuto_pict01_180209.jpg
Focal SHAPE50、SHAPE40、そして同じくFocalの現在使用中のCMS40

作る時は「原音忠実」というよりも「快感直結」の方が楽しい。
「見た目も美しいなぁ」と眺めならが、あっという間にリファレンスCD
一枚聴き終えてしまった。笑

4インチと5インチ、サイズを変えながら試してみようと思う。

Mitsuto Suzuki

赤川新一さん

1月24日
エンジニア・プロデューサーの赤川新一さんが闘病の末、
永眠されました。

「いいね、それやろう」となんでも実践し、
コンソール前に座る赤川さんの大きな背中はいつも頼もしく、
海賊船の「親分」のような存在の方でした。

僕がまだ20代前半の頃、大量の機材を持って大きなスタジオで
初めてレコーディングしたのが、赤川さんとの初仕事。
当時、事務所が一緒という事もありご一緒する機会も増え、
僕が作る音をいつも「くぅー、いい音!」と褒めて頂けたのは、
自分にとって大きな自信となり、今に繋がっています。

赤川さんを通して、沢山の人との出会いもありました。
ある日スタジオに行くと、
「みっちゃんに紹介したい人がいるんだよ、きっとお互い好きな音だよ」、
金子飛鳥さんとの交友は、赤川さんの一言から始まりました。

去年の11月末、
赤川さんと飛鳥さんと3人でレコーディングをしました。
いつも通り赤川さんの「音」は素晴らしかった。
ただ、大きな背中はとても小さくなってて、
僕は正直驚きを隠せなかったけど、あのタイミングで3人ご一緒出来た事、
ただただ、もう本当に言葉にする事が出来ません。

故郷、新潟。
赤川さんは沢山の人に見送られ旅立たれました。

とても厳しい人だった。
とても優しい人だった。
そして、最後まで前向きな人でした。

赤川さんが残してくれた音と記憶は、ずっと生き続けます。

mitsuto_pict01_180131.jpg


ありがとう、赤川さん、
またいつかその時まで。

鈴木光人

3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13